2015年03月26日

ジャーマンウィングス エアバスA320 旅客機墜落事故

先日乗客乗員150名を乗せたドイツの旅客機が
フランスのアルプスに墜落をし
毎日その後の動向がトップニュースになっている。

ドイツ機墜落.jpg


ニュースではさかんに墜落現場の映像が流れているが
この映像で30年前の日航ジャンボ123便の事故を
思い出した方も多くいると思う。


今回墜落したドイツの格安航空会社
ジャーマンウィングスの旅客機には
日本人の方も2名搭乗していたのが確認されている。


航空機の事故率は極めて低いとされているが
それでも墜落事故となると
一度に多数の犠牲者を出してしまい
とても痛ましい事故になってしまう。



今回の事故後スペインでは
Twitterへのある心ない投稿が話題になっている。

「奴らが全員ドイツ人やカタルーニャ人だとしたら、
 これのどこが悲劇なんだ?」

記事 ↓
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015032600012


東日本大震災の時にも
そのような声はあったらしいので
今回のジャーマンウィングスの旅客機事故に
限ったことではないが

人間の「憎しみ」や「憎悪」というものは
根深いものだとつくづく感じたと同時に

場面が違えば自分の心の中にも
少なからずそのような感情が全く無いとは
否定できないものだと思った。



この事故で犠牲になられた方の
ご冥福をお祈りします。





スポンサードリンク>>>-----------------------------------------------

年会費永年無料!どこでもポイントザクザク貯まる「楽天カード」
★☆楽天カードでポイント生活はじめよう☆★









posted by 世太助 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。