2015年06月09日

HONDA F1 RA270の秘蔵フィルム

1964年、ホンダがF1世界選手権に
初参戦する前に試作されたといわれる
RA270の秘蔵映像が公開された。

 ↓
http://www.asahi.com/articles/ASH684WQMH68PTIL013.html?ref=yahoo

HONDA RA270.jpg


映像は1962年
まだ日本では「エフワン」の「エ」の字も知られてない頃
鈴鹿サーキットで走行テストをする
RA270とされている。

ドライバーは後のホンダ・レーシング総監督の
故・中村良夫氏。

映像の冒頭ではマシンのコクピットをのぞき込む
社長の故・本田宗一郎氏も映っており
かなり貴重な映像であることが分かる。

また、今では考えられないことに
プロのレーシングドライバーでも
F1ドライバーでもない
中村良夫氏がステアリングを握っているというところが
何とも時代を感じさせる。



ホンダは1962年にはF1の技術開発に着手していた。
F1が世界選手権としてスタートしたのが1950年だから
12年後ということになる。

その当時から現在まで途切れることなく参戦しているのが
言わずと知れた「フェラーリ」だけとなる。

ホンダがもし1964年の初参戦から
途切れることなく参戦し続けていれば
あのフェラーリと同じ土俵で語られていてもおかしくない。

つくづく惜しくも残念な事だと思う。



ホンダは今年からまたエンジンサプライヤーとして
F1の舞台に戻ってきたが

マクラーレンという名門チームで
元ワールドチャンピオン2名を走らせているにもかかわらず
見る目も覆う体たらくぶり・・・


きっと本田宗一郎氏や中村良夫氏も
あっち側からイライラして見ているに違いない。


最後に日本の自動車メーカーに一言。

もうF1に出たり入ったりはやめてくれッ!



スポンサードリンク>>>-----------------------------------------------

F1ファンであれば絶対にキープしておくべき1冊だと思います。
さすが中村良夫氏です!!
※中古本のみの扱いですが、そんなことは関係ないくらい
 価値のある本です!

F‐1グランプリ―ホンダF‐1と共に 1963~1968

中古価格
¥4,868から
(2015/6/9 14:12時点)









posted by 世太助 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。